ケリーバッグの買取での失敗

この前リサイクルショップで10年くらい前に購入した
プラダのケリーバッグの買取をしに行ってきました。

しかしそのケリーバッグの買取価格は1000円という
びっくりするくらいの低い値段をつけられたのです

あまり納得いかない部分もありましたが
お店の方に聞くと型が古いから仕方が無いと
言われたのでそのまま売ってしまったのです。

後日友人にその話をすると
「なぜリサイクルショップ・・馬鹿じゃないの?」と言われ
友人いわくブランド物は専門店に持って行ったほうが良かったみたいです。

私はそんなことすら知らずに普通に
リサイクルショップに売ってしまったので安く買取されてしまったみたいです。

ケリーバッグなどはブランド専門店で買取して貰っていたら
もう少し高くなったかもしれないと言われ
そこで少し自分の浅はかな行動に腹が立ちましたが・・
しかしもう売ってしまった後なのでどうしようも無いですね・・。

これからは物を売るときは友人に相談してから
ちゃんとお店の使い分けをしなくてはいけませんね!

お店によっては相当差額が出るようで
売る場所によって損をするのか得をするのか変わってくるようです。
ブランド物は難しいですね。

普通の物とは違ってちょっと面倒です。

ただ良い勉強になったので良かったです。

ブランド品買取のおかげでリッチに♪

テストも終わって気分は最高です(^O^)/

私は、某大学に通う女の子です。

1月でテストも終わって今は家で怠けています。

そんな私ですが、先日友達から海外旅行に行こう!と誘われたんです。

行き先は、香港です。

香港は夜景がきれいだから行ってみたいんですよ!

想像していた以上に安く行けるらしいので、ビックリ!

でも、今の私にはそんなお金がありません。

お年玉の残りなどがあるのであと少し必要なんです(>_<) どうしようかな。。 と考えていると、友達に「ブランド品を売れば?」と言われました。 その手段しかないので思い切って買取してもらうことに。 買取してもらうのはブランド物のバッグと財布が1つずつです。 通学の際通る買取ショップに売りに行くことに決定です。 友達も一緒にお店に行きました。 早速持ってきた財布とバッグを渡して査定してもらいました。 結果は、満足のいく金額でしたよ。 そのお金をもらって、家に帰りました。 おかげで香港旅行に行けることになりました。 キレイな夜景を絶対に見てきますよ(^^♪ ブランド品の買取って良いですよね~!

初めてのブランド品の買取にチャレンジしてみた

初めて、お店に行ってブランド品の買取をして貰いました。
使わない物が増えてきたので、どうしようかなと思っていた所、
姉が最近見たけど、インターネットでも簡単に買取もしてくれるみたいだよ~と教えてもらいました。

私の中ではブランド品でも安い金額でしか売れないと思っていたので、
そういう広告を見ても無視していました。

でもお店に行く前に私の持っているブランドがいくらくらいで買取されるかわかるのは超便利!
早速ネットで査定してもらい、大体の値段がわかったんです。
思っていた以上の金額になってビックリしました!
意外と高く売れるものなんですね?
驚いてしまいました。

全て状態が良かったのもあるようで普通よりも高く売れたみたいです。
あんな数年前のものが売れるとは。

ちょっと汚れがついていたので売れないと思っていました。
捨てようと思っていたものが売れたので、とてもお得な感じがしました!

今日は良いことを教えてもらった姉とちょっと豪華なご飯を食べようと思います。
次は、使わなくなった時計をお店に直接持って行こうと思います。
いくらくらいになるのか非常に楽しみですね!

プラダの服を買取させられた

先日、リサイクルショップに行った際にプラダの服を買取させられました・・・。
その日は、特に用事も無かったのですが、暇だったのでチラッとリサイクルショップに寄ってみたのです。
全く何も買う気が無かったのですが、気になる服を見つけました。

それがプラダの服だったのです。

試着して良いかどうか聞いて、試着室に入って早速着てみたのですが、サイズが小さく脱ぐのに苦労していました。

そして、思いっきり脱いだ瞬間破れてしまったのです・・・。
一瞬動揺しましたが、このまま放置すればバレないかも思って試着室を出ると店員に会ってしまったのです。

やっぱり正直に言おうと思い、破ってしまったことを話しました。
すると、当然ながら買取して欲しいと言われ、しぶしぶ了承したのです。
全く予想外の何の得にもならない出費でした。

ちょうど月末で、お金が無い時だったので非常に困りましたね・・・。

これから、試着する際は細心の注意をはらって着ようと思います。

もう、あんな出費はごめんですね。
また、あのサイズを着れないくらい自分が相当太っていたことにガッカリです。